お腹スッキリ「青汁のたけのこご飯」

LoadingAdd to favorites

豆腐の大豆イソフラボンが更年期の不快な症状や骨粗鬆症を予防。豆腐の大豆サポニンと「青汁げんき」の食物繊維とオリゴ糖が腸の働きを活発にし便秘を解消。「青汁げんき」のケールがビタミン・ミネラルを補給してくれる効果も期待できる一品。

青汁の豆腐ステーキ
2合分の金額約630円 1皿分のカロリー約358kcal 所要時間50分

【材料(2合分)】

青汁2包
2カップ
大2
少々
ゆでたけのこ(薄切り)150g
小揚げ(千切り)2枚
にんじん(千切り)100g
(A)
 ・めんつゆ(3倍濃縮)…50cc
 ・水100cc
 ・塩ひとつまみ
大葉(千切り)5枚

【作り方】
①米はといで水気を切り、炊飯器に入れ、「青汁げんき」と酒、塩も入れ、米の分量の目盛りまで水を入れて普通に炊く。
②ゆでたけのこをさっとゆで、同じ湯で小揚げの油抜きをし、にんじんもゆでる。
③鍋にAを入れてたけのこ、小揚げ、にんじんを加え、汁がなくなるまで煮る。
④炊き上がったご飯に③をのせてさっくりと混ぜ、皿に盛り付けて大葉を添える。

【ワンポイント】
青汁はお米との相性もぴったり。若草色のごはんが食欲をそそります。

Print Friendly, PDF & Email