血液サラサラ「やわらか身欠と数の子の親子飯」

LoadingAdd to favorites

ソフト身欠きにしんに含まれるEPAが血液をサラサラにし、DHAが脳細胞を活性化させてくれると言われています。青じそのさわやかな色と香りが食欲を増進させてくれる、数の子とソフト身欠きにしんで作る親子飯です。

やわらか身欠と数の子の親子飯
1人分のカロリー約669kcal 所要時間40分

【材料(2人分)】

塩抜き数の子(半分に切る)4本(100g)
ソフト身欠きにしん大2本(150g)
200ml
(A)
 ・酒大2
 ・みりん大2
 ・砂糖小1
しょうゆ大2
ご飯2膳(400g)
焼きのり(手でちぎる)1枚
青じそ(千切り)10枚
(B)
 ・練りわさび小1
 ・しょうゆ大2
塩抜き数の子の作り方は、『お手軽塩抜き方法』をご覧ください。

【作り方】
①浅めの鍋またはフライパンに水(分量外)とにしんを入れて煮てゆでこぼし、水200mlを加えて再び沸かし、Aを加えてゆっくりと煮詰め、しょうゆをまわし入れて煮つける。
②①が冷めたら半分に切る。
③どんぶりに温かいご飯を盛り、のりを散らして②と数の子をのせ、その上に青じそをたっぷりとのせ、Bを添える。

【ワンポイント】
身欠きにしんよりソフト身欠きにしんの方が簡単に料理に使えますよ。

Print Friendly, PDF & Email