肝臓を丈夫に「えびとブロッコリーの中華炒め」

LoadingAdd to favorites

えびに含まれるタウリンが肝臓を丈夫にし、赤色素アスタキサンチンが細胞の老化を防ぎ、ブロッコリーに含まれるビタミンA・C・Eが皮膚や粘膜を丈夫にして肌荒れや風邪を予防すると言われています。栄養バランスが良い、色鮮やかな一品です。

えびとブロッコリーの中華炒め
2〜3人分の金額約279円 1人分のカロリー約182kcal 所要時間15分

【材料(2〜3人分)】

 えび(殻をむき背わたを取る)120g
 (A)
 ・塩一つまみ
 ・酒大1
 ・サラダ油大1
 (B)
 ・長ねぎ(みじん切り)15g
 ・赤唐辛子(輪切り)1/2本
 ブロッコリー(小房に分け固めの塩ゆで)小1株(200g)
 (C)
 ・水大2
 ・鶏ガラスープの素小1
 ・オイスターソース小1
 塩少々

【作り方】
①えびはAをふって下味をつけておく。
②フライパンにサラダ油とBを入れて熱し、香りが立ったら①を炒め、えびの色が変わったらブロッコリーとCを加えて炒め合わせ、塩で味をととのえる。

【ワンポイント】
ブロッコリーは下ゆでしてあるので、②ではさっと手早く炒めるくらいにしましょう。

Print Friendly, PDF & Email