肝臓を丈夫に「いかと夏野菜のマスタードソテー」

LoadingAdd to favorites

いかに含まれるタウリンが肝臓を丈夫にし、亜鉛が味覚障害を予防し、ズッキーニに含まれるカリウムが体に余分なナトリウムを排出して高血圧を予防すると言われています。野菜がたっぷり食べられる、さっぱりとした炒めものです。

いかと夏野菜のマスタードソテー
2人分の金額約378円 1人分のカロリー約335kcal 所要時間15分

【材料(2人分)】

 いか1杯(300g)
 (A)
 ・白ワイン大1/2
 ・塩少々
 オリーブオイル大1
 にんにく(みじん切り)1/2片
 とうもろこし(塩ゆでし包丁で実をこそげる)1/2本(200g)
 (B)
 ・ミニトマト(半分に切る)5個(75g)
 ・パプリカ(一口大に切る)1/4個(35g)
 ・ズッキーニ(1cm幅の輪切り)1/2本(75g)
 (C)
 ・粒マスタード大1
 ・しょうゆ、はちみつ各小1
 ・レモン汁小1
 塩、こしょう少々
 パセリ(みじん切り)適量

【作り方】
①いかはわたを外し、胴を8mm幅に切り、足も食べやすく切ってAをふる。
②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら中火にして①ととうもろこし炒め、いかの色が変わったら一度取り出す。
③②のフライパンにBを入れて炒め、しんなりとしてきたらCを加えてさらに炒め、②を戻し入れて炒め合わせ、塩、こしょうで味をととのえてパセリを散らす。

【ワンポイント】
具材を切りそろえたり調味料を計ったり、あらかじめ下準備をしておいてから調理にかかりましょう。

Print Friendly, PDF & Email