胃腸に優しい「長いもとパプリカのビーフカレー」

LoadingAdd to favorites

長いもに含まれる消化酵素ジアスターゼやアミラーゼが消化を助けて胃腸の働きを活発にし、パプリカに含まれるビタミンA・C・Eが肌の健康を守り、牛肉に含まれる鉄分が貧血を予防すると言われています。複雑で奥深い味わいのカレーです。

長いもとパプリカのビーフカレー
2人分の金約594円 1人分のカロリー額約628kcal 所要時間25分

【材料(2人分)】

 新玉ねぎ(薄切り)1/2個(100g)
 牛もも肉(角切り)200g
 塩、こしょう少々
 小麦粉大1
 サラダ油大2
 (A)
 ・しょうが、にんにく(みじん切り)各1片
 ・赤唐辛子1本
 カレー粉大1・1/3
 (B)
 ・長いも(いちょう切り)130g
 ・パプリカ(赤)(乱切り)1/2個(75g)
 (C)
 ・水1・1/2カップ
 ・トマトケチャップ、とんかつソース各大1
 ・はちみつ少々
 ・鶏ガラスープの素小1
 ・塩一つまみ
 ・ご飯2膳(300g)

【作り方】
①耐熱皿に玉ねぎをのせ、ラップをかぶせてレンジ強で2分くらい加熱する。牛肉は塩、こしょうをふり、小麦粉をまぶしておく。
②フライパンにサラダ油とAを入れて熱し、香りが立ったら①の玉ねぎをしっかりと炒める。
③②に①の牛肉、カレー粉、Bの順に加えて炒め合わせ、Cを加えて10分くらい煮込み、ご飯と一緒に皿に盛りつける。

【ワンポイント】
食材を切ったり調味料を揃えたり、準備を済ませてから調理にかかるとスムーズですよ。

Print Friendly, PDF & Email