血液サラサラに「秋鮭と長いものフリカッセ」

LoadingAdd to favorites

鮭に含まれるEPAが血液をサラサラにし、DHAが脳細胞を活性化し、長いもに含まれる食物繊維が便秘を予防・改善し、牛乳や生クリームに含まれるカルシウムが骨や歯を丈夫にすると言われています。フランスの家庭料理「フリカッセ」で旬の味覚を楽しむ一品です。

秋鮭と長いものフリカッセ
2〜3人分の金額約518円 1人分のカロリー約293kcal 所要時間30分

【材料(2〜3人分)】

 秋鮭2切れ(200g)
 塩、こしょう少々
 小麦粉大1
 バター大1
 オリーブオイル大1
 (A)
 ・にんにく(みじん切り)1/2片
 ・玉ねぎ(薄切り)1/2個(100g)
 ・しめじ1/2パック(60g)
 長いも(2cm幅の半月切り)150g
 (B)
 ・白ワイン大2
 ・ローリエ1枚
 ・塩、白こしょう(あれば)少々
 牛乳120ml
 生クリーム50ml
 パセリ(みじん切り)適量

【作り方】
①鮭は骨を取って一口大に切り、軽く塩、こしょうをふって5分くらい置き、出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取り、小麦粉を薄くまぶす。
②フライパンにバターを熱し、①を焦がさないように火を通して取り出し、オリーブオイルを足し、Aを順に加えて炒める。
③②に鮭を戻し入れ、長いもを加えて炒め合わせ、Bを加えてふたをかぶせ、3分くらい蒸し煮にし、ふたを取って牛乳を加え、5分くらい煮込む。
④③に生クリームを加え、一煮立ちしたら塩、白こしょうで味をととのえ、器に盛りつけてパセリを散らす。

【ワンポイント】
②の鮭は、7割程度火を通すイメージで焼いてください。

Print Friendly, PDF & Email