夏バテ予防に「うなぎの手まり寿司」

LoadingAdd to favorites

うなぎに含まれるビタミンB1が夏バテを予防し、DHAが脳細胞を活性化し、うなぎや卵に含まれるビタミンAが皮膚や粘膜を丈夫にすると言われています。夏バテ気味の時にオススメの、栄養満点の一品です。

うなぎの手まり寿司
2人分の金約526円 1人分のカロリー額約485kcal 所要時間15分

【材料(2人分)】

 卵1個
 (A)
 ・みりん小1
 ・塩少々
 きゅうり1/3本(30g)
 塩少々
 温かいご飯2膳分(300g)
 (B)
 ・酢大1・1/2
 ・砂糖小1
 ・塩小1/4
 白炒りごま大1/2
 うなぎの蒲焼(一口大に切る)100g
 青じそ適量
 粉山椒少々

【作り方】
①耐熱のコップに卵を割り入れ、Aを加えて混ぜ合わせ、ラップをかぶせずにレンジ強で50秒くらい加熱し、箸で混ぜて炒り卵にする。
②きゅうりは千切りにし、塩をふって5分くらい置き、出てきた水分をキッチンペーパーで取る。
③ボウルにご飯を入れ、合わせたBと白炒りごまを加えて混ぜ、酢飯にする。
④ラップを広げてうなぎ、①、②、③をのせて丸め、青じそを敷いた皿に盛りつけ、粉山椒をふる(8個作る)。

【ワンポイント】
ラップで簡単に丸められるので、お子さまと一緒に作るのも楽しいですよ。

Print Friendly, PDF & Email