貧血予防に「あさりと小松菜の炒め煮」

LoadingAdd to favorites

あさりや小松菜に含まれる鉄分やビタミンB12が貧血を予防し、あさりに含まれるタウリンが肝臓を丈夫にし、小松菜に含まれるカルシウムが骨や歯を丈夫にすると言われています。あさりの缶詰を使って簡単に作れる一品です。

あさりと小松菜の炒め煮
2人分の金額約411円 1人分のカロリー約129kcal 所要時間10分

【材料(2人分)】

 サラダ油大1
 にんにく、しょうが(千切り)各1片
 あさり水煮(缶詰)60g
 小松菜(ざく切り)2株(100g)
 (A)
 ・だし汁50ml
 ・みりん大1
 ・しょうゆ大1/2
 ・塩少々

【作り方】
①鍋にサラダ油、にんにく、しょうがを入れて弱火で熱し、香りが立ったらあさりと小松菜を加えて炒める。
②①の小松菜がしんなりとしたらAを加えてさっと煮る。

【ワンポイント】
缶詰を料理に使うと時短になって便利ですよ。

Print Friendly, PDF & Email