血液サラサラに「まぐろとアボカドの串揚げ」

LoadingAdd to favorites

まぐろに含まれるEPAや、アボカドに含まれるリノレン酸やオレイン酸が血液をサラサラにし、アボカドに含まれるビタミンEが細胞の老化を予防すると言われています。アボカドとまぐろの組み合わせがおいしい串揚げです。

まぐろとアボカドの串揚げ
2人分の金額約509円 1人分のカロリー約211kcal 所要時間20分

【材料(2人分)】

 まぐろ(一口大に切る)1/2さく(100g)
 アボカド(一口大に切る)1/2個(115g)
 塩、こしょう少々
 (A)
 ・小麦粉適量
 ・卵(溶きほぐす)1/2個
 ・パン粉適量
 揚げ油適量
 (B)
 ・とんかつソース大2
 ・トマトケチャップ、水各大1
 ・砂糖、レモン汁各小1
 ・キャベツ(手でちぎる)1枚(40g)

【作り方】
①まぐろとアボカドに塩、こしょうをふり、Aを順につけて串に通し、180℃に熱した揚げ油でからりと揚げる。
②耐熱容器にBを入れて合わせ、ラップをかぶせずにレンジ強で1分くらい加熱する。
③①を器に盛りつけ、キャベツと②を添える。

【ワンポイント】
アボカドは少し固めのものを使ってください。

Print Friendly, PDF & Email