貧血予防に「牛肉とれんこんのきんぴら」

LoadingAdd to favorites

牛肉に含まれる鉄分が貧血を予防し、良質なたんぱく質がスタミナを増強し、れんこんやつきこんにゃくに含まれる食物繊維が便秘を予防・改善すると言われています。牛肉とれんこんの相性が良い、ピリ辛の一品です。

牛肉とれんこんのきんぴら
2人分の金額約432円 1人分のカロリー約265kcal 所要時間30分

【材料(2人分)】

 牛切り落とし肉100g
 酒大1
 ごま油大1
 赤唐辛子の輪切り大1
 れんこん(半月切り)200g
 つきこんにゃく(食べやすい長さにしさっとゆでる)100g
 (A)
 ・しょうゆ大2
 ・砂糖小1
 ・みりん大1
 ・水50ml

【作り方】
①牛肉は食べやすい大きさに切り、酒をかけて10分くらいおいておく。
②フライパンにごま油と赤唐辛子を入れて弱火で熱し、香りが立ったられんこんとつきこんにゃくを炒める。
③②に①とAを加え、汁気が少なくなるまで煮る。

【ワンポイント】
れんこんは小さければ輪切りでもOKです。

Print Friendly, PDF & Email