目の健康に「揚げなすと牛肉の煮物」

LoadingAdd to favorites

なすに含まれる紫色素ナスニンが視力を改善し、食物繊維が便秘を予防・改善し、牛肉に含まれる鉄分が貧血を予防し、良質なたんぱく質がスタミナをアップすると言われています。なすがおいしい時期ならではの一品です。

揚げなすと牛肉の煮物
2人分の金額約420円 1人分のカロリー約412kcal 所要時間20分

【材料(2人分)】

 牛こま切れ肉50g
 塩少々
 片栗粉小1
 なす4本(360g)
 揚げ油適量
 (A)
 ・水100ml
 ・中華スープの素、酒各小1
 ・砂糖、ごま油各小1
 ・しょうゆ大1
 ・こしょう少々
 小松菜1株(50g)

【作り方】
①牛肉は食べやすい大きさに切り、塩をふって片栗粉をまぶす。
②なすは縦半分に切り、長さを半分に切って皮に切り目を入れ、水に放してアクを抜き、水気をしっかりとふき取る。
③揚げ油を熱し、①をさっと揚げて引き上げ、続けて②を素揚げにして引き上げる。
④鍋にAを沸かして③と小松菜を入れ、さっと煮つける。

【ワンポイント】
牛肉もなすも火が通っているので、AにからめるだけでOKです。

Print Friendly, PDF & Email