胃腸に優しい「塩昆布とかぶのレモン風味」

LoadingAdd to favorites

かぶに含まれるジアスターゼが消化を助け、昆布やにんじん、かぶに含まれる食物繊維が便秘を予防・改善し、きゅうりに含まれるカリウムが体に余分なナトリウムを排泄してむくみを予防すると言われています。箸休めにぴったりの、レモンの香りがさわやかな即席漬けです。

塩昆布とかぶのレモン風味
2人分の金額約126円 1人分のカロリー約56kcal 所要時間20分

【材料(2人分)】

 かぶ2個(200g)
 きゅうり(塩をふり板ずりし、薄めの小口切り)1本(100g)
 にんじん(皮をむき細切り)小1/5本(20g)
 塩少々
 (A)
 ・ごま油小1
 ・酢大1
 ・レモン汁小1
 ・砂糖小1/4
 塩昆布の佃煮(乾燥)大1

【作り方】
①かぶは葉を取り皮をむき、縦に4等分にして薄切りにし、葉を2〜3本とっておく。
②鍋に湯を沸かして①の葉をさっとゆで、水気を切ってざく切りにする。
③ボウルに①、②、きゅうり、にんじんを入れて塩でもみ、さっと洗って水気を切る。
④ボウルにAを合わせ、③と塩昆布を入れてさっとあえる。

【ワンポイント】
野菜はあまりきつく塩でもまず、歯ごたえを残しましょう。

Print Friendly, PDF & Email