肝臓を丈夫に「いかと玉ねぎの炒めマリネ」

LoadingAdd to favorites

いかに含まれるタウリンがコレステロールを下げて動脈硬化を予防し、肝機能を高め、玉ねぎに含まれる硫化アリルが炒めることで甘味成分オリゴ糖に変わり、お腹の調子をととのえると言われています。炒めた玉ねぎといかの組み合わせがおいしいマリネです。

いかと玉ねぎの炒めマリネ
2人分の金額約210円 1人分のカロリー約235kcal 所要時間20分(冷やす時間のぞく)

【材料(2人分)】

 真いか(わたを抜く)中1杯(300g)
 サラダ油大2
 玉ねぎ(薄切り)1/2個(100g)
 (A)
 ・塩小1/2
 ・酢大2
 パセリ(みじん切り)適量

【作り方】
①いかの胴は輪切りにし、足は食べやすい大きさに切る。
②フライパンにサラダ油を熱して①を炒め、火が通ったら玉ねぎを加えて炒め、Aを加えてさっと炒め合わせる。
③②をボウルに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、器に盛ってパセリをふる。

【ワンポイント】
玉ねぎを炒めて食べやすくしました。冷やして召し上がってください。

Print Friendly, PDF & Email