肝機能強化「紅焼明蝦(ホンシャオミンシャー)」

LoadingAdd to favorites

えびのタウリンが胆汁酸の分泌を促し、肝機能を強化。胆汁酸がコレステロールを分解。キチンが腸の働きを活発にしコレステロールを排出。赤色素アスタキサンチンの抗酸化作用でがんも予防。家庭で作れる本格中華。

紅焼明蝦(ホンシャオミンシャー)
2人分の金額約368円 1人分のカロリー約207kcal 所要時間30分

【材料(2人分)】

 えび(ブラックタイガー)6尾
 揚げ油適量
 干ししいたけ(水で戻してひと口大に切る)3枚
 たけのこ(ひと口大に切る)1/2個(50g)
 玉ねぎ(ひと口大に切る)1/2個(100g)
 ピーマン(小口切り)1個
 ケチャップ大1
(A)
 ・酒大1
 ・砂糖小2
 ・しょうゆ大1
 ・塩少々
 ・スープ(水200ccに中華のスープの素小1)200cc
 片栗粉(水大2で溶く)大1
 ごま油少々

【作り方】
①えびは殻をつけたまま背綿と足を取ったあと殻をむき、よく洗って2等分する。
②中華鍋に油を熱し、えび、干ししいたけ、たけのこ、玉ねぎとピーマンを油通しする。
③②の油を容器にあけて②の中華鍋でトマトケチャップを炒めてAと②の材料を加え、5〜6分煮込む。
④味をととのえてから水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油をまわし入れる。

【ワンポイント】
調味料を合わせておくと、あっという間に完成。

Print Friendly, PDF & Email