疲労回復「牛肉とアスパラの中華風炒め」

LoadingAdd to favorites

牛肉の良質タンパク質とグリ−ンアスパラのアミノ酸アスパラギン酸が乳酸などの疲労物質を取り除き、スタミナを増強。
穂先に含まれるルチンが毛細血管を丈夫にし脳卒中を予防。旬のアスパラの緑と卵の黄色が春を感じさせる1品。

牛肉とアスパラの中華風炒め
1人分のカロリー約387kcal 1人分の金額630円 所要時間約25分

【材料(2人分)】

 牛ロース薄切り(3cmの長さに切り、Aをもみこむ)100g
 (A)
 ・酒小2
 ・塩、こしょう少々
 ・片栗粉小1
 グリーンアスパラガス(はかまと固いところを取って3等分)100g(3本)
 卵(割りほぐして塩、こしょうする)2個
 長ねぎ(みじん切り)大1
 しょうが(みじん切り)小1/2
 (B)
 ・酒、オイスターソース各大1/2
 ・しょうゆ大1
 ・酢大1/2
 ・砂糖小1
 ・こしょう少々
 サラダ油大3

①中華鍋を熱してサラダ油大1を入れ、卵を1度に入れる。大きく混ぜて半熟の入り卵にし、皿に取り出しておく。
②中華鍋にサラダ油大1を足してアスパラを炒め、水を30cc入れてゆで、ザルにあける。
③さらに油を足し、しょうが、ねぎを炒め、香りが出たら牛肉を炒める。Bを加えて味を整え、①と②を戻しさっと炒める。

Print Friendly, PDF & Email